このドキュメントは、プロジェクトスプリントの基本的な理論を説明している。CODE 実践編ベーシックと合わせて、プロジェクトスプリントに必須の内容を説明しており、これら二つのドキュメントは総称して「プロジェクトスプリント エッセンシャルズ」と呼ばれる。

プロジェクトスプリントの原理

プロジェクトスプリントでは、プロジェクトにおける現象を次の3つのドメインに分けて考える。

  1. プログレス : プロジェクトの進捗のための個々人の活動(プログレス・アクティビティ)および、プロジェクトで定められたゴールを達成しているかどうかを示す進捗状態 (プログレス・ステータス)
  2. チーミング : チームの形成のための個々人の活動(チーミング・アクティビティ)および、理想的なチームが形成されているかどうかを示す状態(チーミング・ステータス)
  3. プロセス : それぞれの活動の実行と最適化を促進するために、全メンバーが同期する仕組み。

プログレスとチーミングのアクティビティとプロセスを定期的・反復的に繰り返すことで、プログレスとチーミングのステータスが理想の状態に近づく。

ステータス

プロジェクトは、プログレスとチーミングのステータスを理想的な状態に近づけることを目的としている。

プロジェクトチームは、プログレス・ステータスをプロジェクトのゴールの達成に近づけることを目的としている。これは、現在いる地点から理想とするプロジェクトの最終到達地点に向かってインクリメンタルに成果物をデリバリーするということである。未来における特定の地点をマイルストーンと呼び明示化することで、最終到達地点に向かう道筋の確からしさを確認することができるようになる。

プログレス・ステータスは、マイルストーンをクリアしたかどうかによって把握される。

達成されるべきプロジェクトゴールは、最初は、一人もしくは複数名の意思によって何かの期待をもって設定される。しかし、これは確定されたものではなく、プロジェクトが進行していく中で常に書き換えられ、進化しうるものである。ただし、プロジェクトゴールは、マイルストーンを規定または修正することができる程度の具体性を持っている必要がある。

プロジェクトチームは、チーミング・ステータスを、理想的なチームの形成に近づけることを目的としている。これは、現在のあるチームの状況から理想とするチームのあり方に向かって予測不可能・不連続ながらも成長していくということである。チームメンバー間のコンテクストが明示的・暗黙的に共有されていくことで、お互いに対する期待に確信を持つことができるようなる。

理想的なチームとは、プロジェクトメンバーが互いの責任を明確に理解したり、互いに対する期待値がそろうことで自律的に活動できるチームである。自律的とは、ある事柄に対して、自分がチームのために何をすべきか各人が判断でき、かつ実際に行動できる状態のことを指す。

チーミング・ステータスは、チームメンバー全員で行う定期的なロール確認によって把握される。

アクティビティ

プロジェクトにおいて、個々人が行う活動は以下の二つに分けられる。

プログレス・アクティビティとは、プロジェクトの進捗のため、個々人が自身に割り当てられた作業(タスク)を完遂することで、作業結果(アウトプット)が生まれる。ミーティングを経て生まれたアウトプットのうちプロジェクトのゴールの達成に寄与するものは、成果(アウトカム)となる。アウトカムは、マイルストーンごとにデリバリーされるべき成果物を形成する一部となる。

チーミング・アクティビティとは、プロジェクトを過ごす中で、個々人それぞれがプロジェクトやチームに対して考えを持つようにったり、想起したりすることで、この中から、他のメンバーに伝えたい違和感(テンション)が生まれる。

プロセス

プロセスは、個々人のアクティビティをプロジェクト全体の成果に反映させるためのプロジェクトスプリント特有の仕組みである。

アクティビティとプロセスを定期的・反復的に繰り返すことによって、ステータスが理想的なものになっていく。

プロセスは、ミーティングとアジェンダという2つの構成要素を持つ。

ミーティングとは、チームメンバー全員が空間や時間を共有する機会のことである。

アジェンダとは、個々人のアクティビティの結果(アウトプットとテンション)が、チームメンバーと共有されるために明文化されたものである。ある成果やテンションは、アジェンダとなってはじめて、チームメンバー全員から明示的に認識されることが可能になる。

ミーティングの場でチームメンバーが全員でアジェンダを議論することで、個々人中にとどまっている情報を一斉に同期することができる。

最終的に、プロセスは次の結果をもたらす。

  • プログレスドメインにおける、プロジェクトのゴールを達成するための実行と最適化のタスク
  • チーミングドメインにおける、理想的なチームを形成するための実行と最適化のタスク
  • プロセスドメインにおける、仕組み自体を改善するための実行と最適化のタスク

ロール

プロジェクトスプリントにおいて個々人が担う役割のことをロールと呼ぶ。それぞれのロールは、複数人によって担うことも可能である。なお、プロジェクトスプリントの導入と実践は各チームメンバー全員が率先して行うことが期待される。

プロジェクトスプリント概念図

プロジェクトスプリント概念図


Project Sprint CODE

CODEとは、プロジェクトスプリントの理論や実践について説明したドキュメント群である。理論編および基礎編と、任意で利用できる補足的事項を説明したプラグインから構成される。理論編と基礎編はさらに、ベーシックとアドバンスの2つにわけられる。理論編と実践編それぞれのベーシックを総称して、プロジェクトスプリント エッセンシャルズと呼ぶ。