プロジェクトスプリントの成功指標

プロジェクトスプリントは、チームが

  • 個人の活動における理想の状態
  • チームとしての活動における理想の状態

を目指しながらプロジェクトゴールに向かって進んでいくのを助けるために、ものごとの捉え方・考え方や、最適化を促進するための仕組みを提供しています。

したがって、プロジェクトスプリントが成功しているかどうかは、個人の活動とチームとしての活動において理想の状態が実現しているか、という観点で評価することができます。

ここで、いずれの成功についても、絶対的に到達すべき状態はないということに注意しなければなりません。プロジェクトゴールは変化しうるものであり、また何をもって理想的なチームとするかはプロジェクトの規模や時間軸などに依存します。

一方、プロジェクトスプリントが正しく導入・運営されていれば、それは理想の状態が実現されているということを意味します。そのため、プロジェクトスプリント自体の活発さをもって成功指標とみなすことができます。

したがって、成功指標は次の3つと言えます。

  • タスクがリストアップされ、遂行されているか
  • タスクを遂行する中で発見された問題点やテンションが、ミーティングにおけるアジェンダアイテムとしてリストアップされ、議論・意思決定されているか
  • ミーティングにおける議論・意思決定の結果が、次にやるべきこととしてタスクに落とし込まれているか

Project Sprint CODE