プロジェクトスプリントでは、より良い「チーム」の状態を作ることを大切にしています。
「プロジェクトスプリントの原理」の1つにも「チーミング」を入れていますが、プロジェクトが成功する・より価値を生み出していくためには、プロジェクトの進め方だけではなく、チームのあり方についても考える必要があります。

プロジェクトスプリントでは、以下をチームの定義(必要な構成要素)として考えています。

  1. 共通のゴール
  2. 相互依存的なメンバー間による実施
  3. 目的・ゴールそのものを再定義できること(もしくは、再定義するための仕組みがあること)

チームは、基本的には、共通のゴールに向かって、相互依存的な関係性の中で進めていくものですが、現代のチームの特徴を考える場合に、特に上記3点目の「目的・ゴールそのものを再定義できること」がチームをチームたらしめる上で重要になるものと考えています。つまり、第三者から与えられたゴールを目指すこともチームとして重要な活動ではあるのですが、そもそものゴール自体を定義することにこそチームの存在意義があるのではないか、ということです。

プロジェクトスプリントのCODEの中でも、目的やゴールの再定義のための仕組みを記載していますので、ご参照いただければと思います。


Project Sprint CODE