テンショントリアージとは

ミーティングを開催するで解説したように、テンショントリアージとは、個々のチームメンバーが感じている違和感を提案に変えて全員で共有したうえで、今チームを改善するために必要なものを優先的に選び、解決しようとすることです。これによって、メンバー一人一人が思う「こうしたらもっとより良くなるのに」という現状とよりよい状態の間のギャップ、ちょっとしたアイデア・気になること・不安などを共有し、解決のためのアクションにつなげることができます。

テンショントリアージは毎回のミーティングで行う取り組みであり、主にチームメンバーの今現在の気持ちにフォーカスしているものです。現在を見ることで、問題が顕在化もしくは拡大する前に共有し対処することができるようになります。 また、タイムリーに気持ちを吐き出すことができる場があることで、メンバーのプロジェクトへの参加感の向上にもつながります。

テンショントリアージの具体的な手順

テンショントリアージは、例えば次のような手順で実施しますが、これはあくまで一例です。上記の目的をより効率的・効果的に達成するために、ご自身のチームにとって最適な方法にアレンジしてみてください。

  1. チームメンバーがテンションをあげる
  2. テンショントリアージのアジェンダアイテムオーナーがテンションを一つ読み上げ「何が必要ですか?」とテンションをあげた人に問いかける
  3. テンションをあげた人は次のいずれかを選択し、そのあと自分が必要としていることを回答する
    • 他メンバーへのタスクのリクエスト
    • 他メンバーからの情報やヘルプ提供のリクエスト
    • ロールの調整・変更・追加に関するリクエスト
    • 単なる情報提供や感想の共有
  4. テンショントリアージのアジェンダアイテムオーナーは、次のいずれかを選択してテンションをあげた人に提案する
    • その場で解決する
    • タスク化する
    • アジェンダアイテム化する
  5. テンションをあげた人がこれで必要なことが得られれば終了とし、得られなければ、続けて議論する(3と4を詳しく繰り返す)
  6. 時間の許す限り、他のテンションについても2~5の手順を繰り返す

Project Sprint CODE