この記事の内容はプロジェクトスプリントにおける「チーミングドメイン」にあたります。

プロセスは定期開催のミーティングとそこでのアジェンダの議論を軸としたプロジェクトスプリント固有の仕組みです。この仕組みを通じてプロジェクトの進捗状況の共有、プロジェクトの進め方の継続的な改善・プロジェクトのゴールに向けたマイルストーンの見直しや互いのロールの確認をすることができるようになります。

この記事では、ロールの確認について解説します。

ロールの確認

チームメンバーを知り、ロールを設定するでも述べたように、チーミングの「理想の状態」には、明確な形がありません。なぜなら「ここまで達成したら理想のチームだ!」というものが決めにくいからです。そこでプロジェクトスプリントでは、「今の時点よりは良いチームの状態」を常に目指します。

そして、ここでの「より良い」とは、チームメンバー同士の果たすべき役割=ロールについての期待値がそろっている状態のことを指します。つまりロールの確認とは、チームメンバーの持つ互いの役割についての期待値がそろってきているか、を確認するための取り組みです。

ロールの確認をするべきタイミングは、次のような時です。

  1. これまで定義したロールがより詳細にブレイクダウンして考えられるようになり、細かい認識合わせができるようになったとき
  2. プロジェクトの進行により、これまで定義していないような作業が生まれ、そのロールの明確化が必要だと考えられるようになったとき
  3. これまで定義し、あるメンバーにアサインされていたロールがあるメンバーの期待に添わないとき。例えば、実際にはアサインされているメンバーが別のメンバーがロールを遂行していたり、他のメンバーがアサインされているメンバーに対する期待値が満たされていないと考えていたり、逆にアサインされている人が自分が思っている以上の期待値を感じていたりするとき
  4. その他何らかの理由でチームメンバーがロールの確認をしたほうがよいと考えたとき

ロール確認の実施についてもミーティングのアジェンダアイテムとなるため、事前にアジェンダアイテムの提出を行う必要があります。

このページと関係するTips

Project Sprint CODE